イギリス産業革命の遺物を

かつての経済の発展の地を見る

イングランドの観光でお勧めできるところは、色々とあるのですが、その一つに産業革命始まりの地があります。それがアイアンブリッジ峡谷というところです。世界初の鉄の橋です。これは、イングランド中西部のセヴァーン川に架けられている橋であり、1779年に造られたものです。200年以上前のものですが、非常に美しいアーチのデザインの橋です。産業革命によって、鉄の増産ができるようになり、この橋が出来たのです。また、そもそもこの地に鉄鉱石、石炭が多いことから、必然的に出来た、という側面もあります。輸送するために鉄橋が必要であったのです。こうした歴史的なところを見て回ることがイングランド旅行の醍醐味の一つであるといえます。

アイアンブリッジの見所について

アイアンブリッジ自体は、100mもないようなそんなに高くない峡谷にあります。それでも見る価値があるところではあります。そもそも産業革命時のもの、ということに価値があるのでそれはよいです。ちなみに観光客用とも言うべき宿泊所がありますし、さらに渓谷博物館、鉄博物館がありますので、こちらも覗いて見ることをお勧めします。壮観ではありますし、現在の発展の基礎となったようなところですから、イングランドに行くのであれば、ここは是非とも観光に行ってみるべきところであるといえます。意外と見所は多い橋ですから、価値はあります。

ここで大阪にいるタビマスターズを使って遊びに出掛けよう